MD90型機 退役記念チャーターフライト 第3回JAL8070便 釧路-大分
さあ、このツアーのメインフライトとなる釧路から大分へのフライトです。

MD90の性能限界に近いと言われる、怒涛の3時間ロングフライト、928マイル(1493km)!!
出発案内板

便名はJAL8070便。ツアーで使用している機体のレジ番が便名ですね。

釧路空港のRwy17からの離陸です。
Rwy17からの離陸

離陸後、左旋回して低い高度のまま釧路空港上空を通過。
ツアーならではの光景です。
上空から見た釧路空港

離陸後、ツアーを記念してシャンパンで乾杯しました。
その後のお弁当。ツアー向けの装飾はなかったけど、美味でした。
お弁当

さぁ、ロングフライトなんで機内をうろつきますよ!
MD90機内

機内には手書きのフライトプランが貼ってありました。
ルートマップ

予定通過時刻が書かれた本日のフライトルートも。
広島空港の近くも飛びますね。
フライトルート

機内から見えるV2500エンジン。
T字尾翼もちょっとだけ見えてますね。
V2500エンジン

長野県上空に入った辺りで360度ターン。24000フィートの遊覧飛行です。
360度ターン
ちなみにこういう場合、管制には Request make right three sixty. と要求する(した?)そうです。

旋回直後に見えた浅間山。
浅間山

しばらくの飛行の後、機内の案内を勤める服部機長に、広島空港が見えるかを質問しました。
機長からは空港の少し南を通るので、右側の窓から見えるとの返事。

そして見えました、広島空港♪ 誘導路上にJAL機がいるのが見えますか?
広島空港
大阪に引っ越してからまだ行ってないけど、空から見るのは2度目(笑

東広島市。西条の辺り。
東広島市西条

そして広島市も。南区の辺り。
広島市南区

広島西飛行場もまだ滑走路が残ってますね。
広島西飛行場

そして広島市を越えた頃にシートベルト着用サインが点灯。

ここからは服部機長による着陸状況ライブ解説!
高度が下がる様子、管制とのやりとり、他機とのセパレーションなどを、コックピットから実況中継してくれました!

が、、、


マイクの故障で、客室には一切何も聞こえませんでした! (ToT)


MD90が減速して、伊丹-大分行きのANA機を先に行かせたそうですが、その実況もまったく聞こえず!!
これ、すごく残念。

まあ、旅にはハプニングは付きものなんです。

気を取り直して、、、大分空港への着陸です。
大分空港へのアプローチ

…と思ったら、今度はゴーアラウンド!機内、拍手♪♪♪
ゴーアラウンド
空港から離れていきます。

降下から上昇に転じる重力の心地よさと来たら、サイコー♪♪♪

機体はこんな感じで旋回したはずです。遊んでるとしか思えん ^-^;
そして大分空港のRwy01に着陸しました。

大分空港でも消防車による放水アーチの歓迎を受けました。
ここではモロに水を被りました♪
消防車による放水アーチ

大分空港ではフロントステアから降機しました。
この階段ハシゴ、売却先であるデルタ航空は不要と判断したため外すそうです。
MD90フロントステア

大分は快晴です。
MD90リアステア

大分空港を離れて、トークイベントがある別府市内に移動です。
会場の花菱ホテル。
花菱ホテル

ホテルの大広間でのトークイベントへ。
トークイベント会場へ

トークイベントでは、納入時のフェリーフライトの話や、操縦特性の話など興味深い話題をたくさん聞くことができました。
記念撮影
これは最後の記念撮影。

その後は懇親パーティへ。
乾杯~。
懇親パーティ

MD90グッズを賭けたクイズ大会。異様な盛り上がりでした!
クイズ大会

大満足な長い一日も終わりです。
宿泊した西鉄リゾートイン。
西鉄リゾートイン

最終日へ続く。

ページの先頭へ戻る


Copyright Fumio Fukuhara 2004-2018. All rights reserved.